20代は誰しも気にしません。でも30代、突然目元のシワはやってくる

まぶたがたれる原因 目元のシワ体験談

20代のころは全然目元のシワの悩みなどなく、目元のシワをいう言葉を聞いたことがある程度でした。

よくテレビなどでも目元のシワのお悩みの特集などと見る機会はありましたが、まったく現実味がありませんでした。

ですが年齢も30代を迎え、だんだんと乾燥しやすい肌に変わってきたときです。

いつものように毎朝のスキンケアを行おうとした瞬間に鏡を見たとき、目元のシワを発見しました。

まさか自分がと思い、半信半疑でまた鏡を見てみましたが結果はやはり目元のシワができていました。

それからというもの目元のしわが気になりだし、毎日のスキンケアの際には目元に重点的にスキンケア商品を使用することにしました。

特に乾燥しやすい時期には、本当にお肌がカサカサと乾燥状態になってしまうので目元のシワがさらにくっきりとしたシワにならないように入念に保湿を行っています。

年齢とともに避けられないことなのかもしれませんが、できることならシワが気になる毎日よりもシワを気にしなくてもいい毎日を送りたいなと思います。

目元のシワが気になると同時に、まぶたのたるみも出てくる

年齢とともに目元のシワも気になりますが、まぶたるみも出てきているような気がします。

20代のころはお化粧をとにかく楽しみたいと思い、アイライナーなどを引いてお化粧を思いっきり楽しんでいましたが、30代になってからはまぶたが少しずつたるんできているせいか、アイライナーがうまく引きにくくなっています。

まっすぐ引くことはもちろんできにくく、まぶたが少しずつたるむことでアイライナーを引いても隠れてしまうような印象になってしまいます。

奥二重なので目を大きく見せたいなと思い、アイメークはしっかりと行いたいのですがまぶたのたるみによってアイメークがとてもしずらくなっています。

まぶたがたるむことによって、実際の年齢以上に老けて見られてしまうので、これからどんどんまぶたがたるんでしまうともっと顔の印象は老けてしまうのではないかと危機感を覚えます。

できることなら年齢よりも若々しい印象に見られたいので、まぶたのたるみを防ぐことができたらなと思います。

30代でも遅くない。アイクリームを使え!40代は必須

まだまだ年齢的に目元の悩みがない場合には全然意識しないで通りすぎてしまいますが、年齢を重ねたときに目元の悩みが出てしまうとあの時にしっかりとケアしておけばよかったなと後悔することも多くあります。

特に目元のシワやたるみといった現象が起こると、実際の年齢よりも老けた印象に見られることが多くなるのでこの悩みをしっかりと解決できる方法があればと思います。

さまざまな美容方法やスキンケア商品がありますが、目元の悩みに直接的に効果があるアイクリームを使用することでその解決を最大限に期待できるのではないのでしょうか。

女性は特に付けまつ毛やまつ毛のエクステンションがあるくらい、目元のおしゃれを楽しみたいと思っている方が非常に多くいます。

このおしゃれを思いっきり楽しむためにも、アイクリームをしっかりと使用することで目元の悩みが解消され、おしゃれを思いっきり楽しむことができると毎日がより楽しいものになると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました