私は35歳ですが、目元のシワは、20代後半から目立つようになりました。

まぶたがたれる原因 目元のシワ体験談

目元の皮膚はほかの肌の皮膚よりもすごく薄いそうで、洗顔や、クレンジングなどの摩擦によりすぐに型がついてしまいます。

笑いジワも目元だけがすごく目立ち、笑い終わった後もシワが残るようになり、これがだんだんと深く刻まれて、老化の深いシワになってしまうんだろうと思うと、怖いです。

目元にアイクリームをたっぷり塗るようにしていますが、布団についてしまう心配があり、あまりつけられないですし、目元の美容整形も考えましたが、切るのは痛そうだし、ボトックスやヒアルロン酸の注射も痛いと聞いたので、断念しています。

やはり、目元のシワがあるとないとだと、若々しさがだいぶ違ってきます。

目元にシワがあると年齢より老けて見えてしまいますし、シワがなく、目元がクリアだと、若々しく見えます。

化粧のりや、アイライン、アイシャドウもすごくすんなり綺麗にのりますし、やはり目元のシワは大敵です。

まぶたのたるみは、本気で嫌。だからこそ早めの対策を

まぶたのたるみは、女性にしてみたら、本気で嫌なものです。

まず、上まぶたのたるみがあると、アイメイクがすべて隠れてしまいます。

せっかくグラデーションをつけて仕上げた新作のアイシャドウも全くの無意味です。

マスカラなんかは、最悪です。

すべてがたるんだ上まぶたにべったりと付いてしまい、目の周りは真っ黒のパンダ状態になってしまいます。

しかも、まぶたのたるみは、視界不良にもつながります。

目の視界が狭く感じる場合もあり得ます。

目の印象もたるみのせいで小さく見えて、若い時は、パッチリした目元だったのが、老化と共に残念な感じになってしまいます。

下まぶたのたるみは、老け顔ナンバーワンと言っても良いと思います。

下まぶたがたるむと、おばあちゃんみたいな顔つきになってしまいます。

涙袋が流行りですが、やはり、下まぶたもぷっくりとハリがないと若々しくはありません。目元は人の第一印象を決める大事な場所だと実感しています。

目元は早めにアイクリームでケアを始めるべき理由

アイクリームは、早くから付けたもん勝ちだと美容に敏感な友人に言われました。

目元の皮膚は薄いので、若くても表情ジワが出てしまう部分になります。

そのため、私は19歳からアイクリームを付けるようにしています。

目元のシワは、遺伝性が強いと思うので、自分の母親がかなり目元にシワや、たるみやくまがあるので、私は早くからアイクリームをつけています。

アイクリームは、保湿するだけでなく、目元の血流も促進してくれるので、くまや、老廃物も流してくれて、明るくクリアな目元にしてくれるものです。

やはり目元を普段からケアしていると、目元のくすみも取れるため、アイメイクが素敵に仕上がります。

アイシャドウの発色も綺麗に出るため、アンチエイジングと共に、メイクのりの改善にもつながるものがアイクリームの良さだと思っています。

美は一日にしてならずなので、必ず毎日アイクリームを付ける習慣をつけていく事が重要な事だと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました